【あさイチレシピ】今日は目玉焼きで作るタルタルソース!近藤幸子さん伝授

鮭のムニエルのタルタルソース あさイチ

2022年11月15日放送のあさイチ「みんなゴハンだよ」のコーナーでは、「目玉焼きで作るタルタルソース」と「鮭のムニエル」を料理研究家の近藤幸子さんが教えてくれていましたね。

タルタルソースと言えば、ゆで卵から作るのが一般的ですが、今回は、目玉焼きから作ると言うユニークな方法でした。また、タルタルソースが良く合う、鮭のムニエルもお手軽に作られていました。

早速、レシピをまとめてみました。

「目玉焼きで作るタルタルソース」のレシピ(2人分)

一般的にタルタルソースは、ゆで卵を固茹でにして作るので手間と時間がかかるのですが、目玉焼きで作れば時短にもなり、手間いらずで簡単にタルタルソースを作ることが出来ます。

「目玉焼きで作るタルタルソース」の材料

  1. サラダ油:小さじ1
  2. たまご:1個
  3. 水:大さじ3
  4. 長ねぎ(みじん切り):5cm分
  5. マヨネーズ:大さじ1
  6. 塩:少々

「目玉焼きで作るタルタルソース」の作り方

  1. フライパンにサラダ油を入れ、油が馴染んだら卵を入れます。
  • 焦げ防止のために、お水を「大さじ3」入れます。
  • 目玉焼きがカリカリになってしまうと、タルタルソースにしたときに口触りが悪くなるので、焼き目が付かないようにします。
  • お水が最後に残る程度に焼いていきます。
  1. フライパンにふたをして、中火で約4分間、蒸し焼きにします。
  2. たまごの黄身が固くなれば、残ったお水が入らないように、フライ返しなどでボールに取り出す。
  3. 目玉焼きを、フォークで崩していきます。
    ※ボールを斜めに持ち、フォークの背で潰すようにすると良いです。
  4. 崩した目玉焼きの中に、長ねぎ、マヨネーズ、塩を加え混ぜ合わせ出来上がりです。
タルタルソースには、玉ねぎを使うことが多いですが、長ねぎを使うことで、玉ねぎの辛味を取る手間が省けます。

「鮭のムニエル」のレシピ(2人分)

今回の「鮭のムニエル」は、下味をフライパンの中でして、洗い物を減らすというアイデア料理です。

「鮭のムニエル」の材料

  1. 生鮭(切り身):2切れ(約200グラム)
  2. 塩:小さじ1/3
  3. 小麦粉:小さじ2
  4. サラダ油:大さじ1
  5. バター:5グラム
  6. お好みの葉野菜:適量

「鮭のムニエル」の作り方

  1. 鮭をしっかりと水洗いし、水気を拭き取り、切り身を2等分に切る。
    ※鮭の臭みがなくなります。
  2. 鮭の切り身をフライパンに入れ、塩をふり、全体にまぶして下味をつける。
下ごしらえは、フライパンの中でする。

  • バットやボールなどの洗い物が減ります。
  • バットで下味をつけると、バットの方に塩などが残り味がぼやけることもあるが、フライパンの中で下味をつけることで、レシピ通りのしかりとした味付けになる。
  1. 小麦粉を全体にまぶす。
    ※多少、フライパンの中に小麦粉が余っていても大丈夫です。
  2. フライパンの中にサラダ油を回しかける。
    ※フライパンを火にかける前にサラダ油を回しかける。
  3. フライパンを中火で、4〜5分間かけて、両面に焼き色をつける。
  4. 両面に焼き色が付けば、余分な油を拭き取ります。
  5. 最後にバターを加え全体にからめると出来上がり、お好みの葉野菜と一緒に盛り付けて完成です。
バターは最後に加え香り付けをする。

  • 最初からバターで鮭を焼くと、焦げ付くことがあるので、それを防ぎます。

料理研究家の近藤幸子さん

料理研究家で管理栄養士の近藤幸子さん、東京都内で楽しみながら作る料理教室「おいしい週末」を主宰されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日のお料理は、目玉焼きでタルタルソースを作り、鮭のムニエルに添えるというアイデア満載のレシピでした。

タルタルソースと言えば、ゆで卵で作って、結構時間も手間もかかり面倒だと思っていましたが、目玉焼きだとすごく簡単でした。

早速、作って見ようと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました