ウエストエクスプレス銀河2022再び紀南へ!日程、料金や予約方法は?

ウエストエクスプレス銀河 国内旅行

JR西日本が運行するツアー専用の観光列車「ウエストエクスプレス銀河(WEST EXPRESS 銀河)」、昨年(2021年)の7月〜12月の運行以来、再び紀南コースで運行されることになりました。

この「ウエストエクスプレス銀河」は、「多様性」「カジュアル」「くつろぎ」をキーワードに鉄道の強みを生かした地域と一体となった観光振興の推進、幅広い方々に気軽に鉄道の旅を楽しんでもらうことをコンセプトに導入された観光列車です。

この記事では、2021年に引き続き2度めとなる紀南コースについて、日程や料金、予約方法などについてご紹介していきます。

ウエストエクスプレス銀河2022再び紀南へ!その日程は

ウエストエクスプレス銀河は、2021年7月〜12月にも紀南コースを運行し、約3,000人の方々が利用されたそうです。

JR西日本によると、この紀南コースは、車窓からの美しい景観や地域の方々のおもてなしに対する満足度が高いとお客様の評判が良かったことを踏まえて、今回は更に進化させた紀南コースの運行となるようです。

ウエストエクスプレス銀河紀南コースの運行期間

運行は2021年と同様、京都発の夜行列車と新宮発の昼行列車となり、運行期間は次の通りとなっています。

  • 夜行列車:京都発〜新宮着
         初便:2022年10月3日(月) 最終便:2023年3月6日(月) 計36本
  • 昼行列車:新宮発〜京都着
         初便:2022年10月5日(水) 最終便:2023年3月8日(水) 計36本

ウエストエクスプレス銀河 紀南コースの停車駅と各駅での発着時刻

夜行列車(京都発 新宮行き)の停車駅と発着時刻

  着時刻 発時刻   着時刻 発時刻
京都 21:15 和歌山 23:42 1:00
新大阪 22:10 22:16 串本 6:04 8:00
天王寺 22:33 22:35 紀伊勝浦 9:05 9:10
日根野 23:14 23:17 新宮 9:37

昼行列車(新宮発 京都行き)の停車駅と発着時刻

  太地・串本パターン 紀伊勝浦・古座パターン
  着時刻 発時刻 着時刻 発時刻
新宮 9:50 9:50
紀伊勝浦 10:15 10:20 10:15 10:40
太地 10:30 10:49 10:47 10:49
古座 11:12 11:16 11:12 11:36
串本 11:24 11:46 11:44 11:46
周参見 12:45 14:00 12:45 14:00
  10月〜12月(水)
1月〜3月(日)
10月〜12月(日)
1月〜3月(水)
  着時刻 発時刻   着時刻 発時刻
白浜 14:36 14:48 日根野 19:35
(19:28)
19:37
(19:31)
紀伊田辺 15:01 15:25 天王寺 20:02
(20:03)
20:04
(20:05)
海南 17:35 18:13 新大阪 20:20 20:22
和歌山 18:27 18:38 京都 20:53

*カッコ内は休日ダイヤ

ウエストエクスプレス銀河 紀南コースの運転日(始発駅出発日基準)

ウエストエクスプレス銀河紀南運行日

出典:JR西日本ニュースリリース

夜行列車(京都発 新宮行き)

  • 2022年10月:月曜日、金曜日の運転(31日を除く)
  • 2022年11月:月曜日、金曜日の運転(28日を除く)
  • 2022年12月:月曜日、金曜日の運転(26日、30日を除く)
  • 2023年1月:月曜日、金曜日の運転(2日、6日を除く)
  • 2023年2月:月曜日、金曜日の運転(10日、20日を除く)
  • 2023年3月:3日と6日の運転

昼行列車(新宮発 京都行き:太地・串本パターン)

  • 2022年10月:水曜日の運転
  • 2022年11月:水曜日の運転(30日を除く)
  • 2022年12月:水曜日の運転(28日を除く)
  • 2023年1月:日曜日の運転(1日、8日を除く)
  • 2023年2月:日曜日の運転(12日を除く)
  • 2023年3月:5日の運転

昼行列車(新宮発 京都行き:紀伊勝浦・古座パターン)

  • 2022年10月:日曜日の運転(2日を除く)
  • 2022年11月:日曜日の運転(6日を除く)
  • 2022年12月:日曜日の運転
  • 2023年1月:水曜日の運転(4日を除く)
  • 2023年2月:水曜日の運転(22日を除く)
  • 2023年3月:1日と8日の運転

2021年から進化したポイント3つ

  1. 昼行列車の始発時間を早めた
    昼行列車の新宮発の時間を「12:00発(2021年)」から「9:50発(2022年)」へ早めることで、新大阪・京都への到着が約1時間30分早まり、新幹線・特急列車への乗り換えが可能となり関東や九州方面からの利用もしやすくなっている。
  2. 車窓からの景観の充実
    夜行・昼行とも海側座席を倍増する運行とし、雄大な太平洋の景観がより以上に楽しめるスポットの景観改善にも地域とともに取り組んでいます。
    海側座席の増加 夜行:24席 ⇒ 61席 昼行:30席 ⇒ 71席
  3. おもてなし内容の見直し(一例)
    ・夜食サービスの「和歌山ラーメン」をテイクアウト可能に
    ・串本駅到着時、橋杭岩での日の出鑑賞が可能に

ウエストエクスプレス銀河紀南コースの料金と予約方法は

2022年10月3日(月)から2023年3月8日(水)まで運行予定となっているJR西日本の観光列車「ウエストエクスプレス銀河(WEST EXPRESS 銀河)」紀南コースの料金と予約方法は次のようになっています。

きっぷの料金は

さて、気になる「ウエストエクスプレス銀河(WEST EXPRESS 銀河)」紀南コースの料金です。

例えば、大人二人で利用した場合の一人の料金、最安値と最高値は次のようになります。

最安値:29,900円
[前提条件]
  新大阪発着
      新宮宿泊
  宿泊施設 新宮ユーアイホテル(1泊食事なし)
  往路 「WEST EXPRESS銀河」(普通車指定)
  復路 「特急くろしお号」(普通車指定)

最高値:97,600円
[前提条件]
  京都発着
  那智勝浦宿泊(休前日泊)
  宿泊施設 碧き島の宿くまの別邸中の島(1泊夕・朝食付)
  往復 「WEST EXPRESS銀河」(グリーン車個室)

旅行代金の計算

旅行代金の計算は、次の計算式から基本代金をベースにして、発着駅、宿泊地、利用コース、利用する列車や座席、宿泊差額などで代金の加減をするようになっています。

JRセットプラン旅行代金=基本代金+コースプラン別等加減代金[注]+利用座席別加算代金+宿泊差額代金

注:京都・大阪地区発着駅及び宿泊地別・利用プラン・コース・利用列車別加減代金

それぞれの項目について、詳しく見ていきますね。

【基本代金】

この基本代金は、往復のJR代金+1泊2日の宿泊代金+おもてなし代金です。

往復のJR代金は、新大阪駅発着・普通車指定・往路「WEST EXPRESS 銀河」・復路「特急くろしお号」利用がベースとなっています。

宿泊代金は、宿泊施設と利用人数別に設定されています。

例えば

日本旅行のパンフレット「WEST EXPRESS 銀河 紀南への旅」によると
那智勝浦温泉 ホテル浦島(なぎさ館・日昇館)を2名1室、平日・休日泊で利用した場合の大人一人あたりの料金は、40,700円となります。

【コースプラン別等加減代金】

便宜上「コースプラン別等加減代金」と表現しましたが、パンフレットでは「京都・大阪地区発着駅及び宿泊地別・利用プラン・コース・利用列車別加減代金」と記載されています。

基本となっているのは、大阪地区(新大阪・天王寺)発着、すさみ・串本、古座川・太地・那智勝浦、新宮での宿泊、往路もしくは復路のみ「WEST EXPRESS 銀河」利用、復路もしくは往路を「特急くろしお号」利用がベースとなり、発着駅、宿泊地、利用列車の違いにより、-900円〜+12,800円の加減となります。

発着駅 京都発着 新大阪・天王寺発着
宿泊地 すさみ
串本
古座川
太地
那智勝浦
新宮 すさみ
串本
古座川
太地
那智勝浦
新宮
【往路】
銀河利用*1
+1,200
(+1,100)
+1,800
(+1,400)
+1,400
(+900)
±0
(-500)
±0
(-800)
±0
(-900)
【復路】
銀河利用*2
+1,200
(+1,100)
+1,800
(+1,400)
+1,400
(+900)
±0
(-500)
±0
(-800)
±0
(-900)
【往復】
銀河利用*3
+11,800
(+9,400)
+12,800
(+9,900)
+12,400
(+9,700)
+10,200
(+8,600)
+10,400
(+8,700)
+10,600
(+8,800)

上記の表内の金額は、【往復】銀河利用のカッコ内を除き、おとなの往復金額です。
また、【往路】銀河利用、【復路】銀河利用の場合のこども料金は、おとな料金の半額です。
*1:【往路】銀河利用のカッコ内は、復路くろしお号を白浜から利用した場合
*2:【復路】銀河利用のカッコ内は、往路くろしお号を白浜・紀伊田辺まで利用した場合
*3:【往復】銀河利用のカッコ内は、こどもの往復金額

【利用座席別加算代金】

WEST EXPRESS 銀河、特急くろしお号の利用座席(普通車指定・グリーン車指定)別の加算代金です。

「WEST EXPRESS 銀河」利用座席別加算代金(片道)
利用座席 差額代金
普通車 指定席(リクライニングシート) ±0
ノビノビ座席(クシェット)
コンパートメント(ファミリーキャビン)
グリーン車 指定席(ファーストシート) +3,700
個室(プレミアムシート1名利用) +6,800
個室(プレミアムシート2名利用) +6,800
特急くろしお号(片道)
普通車指定席 ±0
グリーン車指定席 +1,300
【宿泊差額代金】

宿泊施設別に、朝食なしプランや朝食追加代金、こども代金が設定されています。

【計算例】

[前提条件]

  • ご夫婦お二人で参加
  • 京都発着を利用
  • 平日の参加
  • 那智勝浦宿泊(ホテル浦島利用)
  • 往復とも「WEST EXPRESS 銀河」を利用
  • 往復ともグリーン車個室(プレミアムルーム2名利用)を利用

この条件で旅行代金を計算してみると

  • 基本代金:那智勝浦 ホテル浦島 2名1室利用 40,700円
  • コースプラン別等加減代金:京都発着・那智勝浦宿泊・往復銀河利用 +12,800円
  • 利用座席別加算代金:銀河グリーン車個室 +6,800円*2(往復分)

となり、合計するとお一人の料金は、67,100円となります。

予約方法は

「ウエストエクスプレス銀河(WEST EXPRESS 銀河)」紀南コースの予約方法は、専用電話からの先着順の予約となっています。

  • 銀河ツアー受付専用ダイヤル:0570-783-606
  • 受付時間:10:00〜17:00(土日祝営業しています)

現在、10月〜12月の乗車受付が行われています。

乗車日 受付開始日時
10月3日(月)、5日(水)、7日(金)、9日(日) 8月30日(火) 10:00~
10月14日(金)、16日(日)、21日(金)、23日(日) 9月6日(火) 10:00~
10月28日(金)、30日(日) 9月13日(火) 10:00~
11月11日(金)、13日(日)、18日(金)、20日(日) 10月4日(火) 10:00~
11月25日(金)、27日(日)、12月2日(金)、4日(日) 10月11日(火) 10:00~
12月5日(月)、7日(水)、9日(金)、11日(日) 10月18日(火) 10:00~
12月12日(月)、14日(水)、16日(金)、18日(日) 11月1日(火) 10:00~
12月19日(月)、21日(水)、23日(金)、25日(日) 11月8日(火) 10:00~

ツアーの料金・予約の詳細については、「WEST EXPRESS 銀河」ツアーのご案内からご確認下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、2021年に引き続き2022年も運行が決まったJR西日本の観光列車「ウエストエクスプレス銀河(WEST EXPRESS 銀河)」紀南コースの運行日程や料金、予約方法などについてご紹介しました。

この「ウエストエクスプレス銀河」の特徴のひとつは、旅先での「おもてなし」。

2022年の紀南コースでは、2021年の運行時よりも更にパワーアップされた「おもてなし」が用意されているとのことです。

旅先での景観を楽しむことはもちろんですが、各駅で用意されている「おもてなし」を目的に参加してみるのも良いかもしれませんね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました