【あさイチレシピ】今日は「ねぎ肉巻き 塩味&しょうゆ味」Makoさんが伝授

肉巻き焼く前 あさイチ

2023年1月11日放送のNHK「あさイチ」今日の”みんなゴハンだよ”の料理、旬のねぎで作る「ねぎ肉巻き 塩味&しょうゆ味」のレシピを料理研究家のMakoさんが教えてくれました。

今日の料理は、冬に甘味を増す「ねぎ」を豚肉で巻く「ねぎ肉巻き」、2種類の味付けで楽しむ一品です。

早速、「ねぎ肉巻き 塩味&しょうゆ味」の材料や作り方、コツなどの詳しいレシピをまとめてみました。

スポンサーリンク

「ねぎ肉巻き 塩味&しょうゆ味」のレシピ(2人分)

薄切りの豚肉で、大きめに切ったねぎ全体を巻き、こんがりと焼きます。

ねぎ本来の味を生かしたシンプルな「塩味」と、ご飯にぴったりの「しょうゆ味」の2種類の味付けでいただきます。

材料

  1. ねぎ:1本(200グラム)
  2. 豚肩ロース肉(薄切り):350グラム
  3. 小麦粉:適量
  4. サラダ油:小さじ1
  5. 酒:小さじ1~2
  6. 塩:少々
  7. レモン(くし形に切る):適量
  8. A
    しょうゆ:大さじ1弱
    砂糖:小さじ1
    みりん:小さじ2

作り方

  1. ねぎは白い部分と青い部分に切り分け、青い部分は斜め切りにし、白い部分は6等分か8等分の約4センチ長さに切り、切り込みを上下に細かく入れます。
  • ねぎの白い部分をそのまま肉で巻くと、食べる時に噛み切りにくいので、切込みを入れておきます。
  • 切り込みは、上下に入れ、上からは横に切り、下からは斜めに切り込みを入れます。
  1. ねぎの白い部分に小麦粉をまぶして、豚肩ロース肉を横に1枚、縦に1枚ずつ、ねぎにしっかりと巻きます。
    軽く握って形を整え、全体に薄く小麦粉をまぶします。
まず、お肉1枚を横にして、ねぎを同じ方向にのせて、ねぎの断面を覆うように巻き、次にお肉をもう1枚縦にして、さらに重ねて巻いていきます。
  1. フライパンにサラダ油を入れて強めの中火で熱し、肉巻きを支えあうように立てて、ねぎの断面部分から焼きます。
    上下を返して反対側も焼き、寝かせて全体を焼きます。
    全面に焼き色がつくまで7~8分間しっかりと焼きます。
最初に側面から焼くと、肉巻きが立たなくなり、断面の部分が焼きづらくなるので、最初に肉巻きを立てて断面から焼きます。
  1. 肉巻きが焼けたら、強めの中火で、酒を回しかけてアルコールをとばします。
  2. 「塩味」の味付けをします。
    肉巻きの半分(3~4個)を取り出して器に盛り、塩を振ってレモンを添えれば完成です。
  3. 「しょうゆ味」の味付けをします。
    フライパンの余分な脂を紙タオルで拭き取り、ねぎの青い部分とA(しょうゆ・砂糖・みりん)を残った肉巻きに加えます。
    肉巻きに照りが出るまで全体を煮絡めれば完成です。
白ねぎの代わりに、大根をスティック状に切って、レンチンしたものを肉巻きにしても美味しくいただけます。
スポンサーリンク

料理研究家のMakoさん

料理研究家のMako(多賀正子)さんは、3男1女のママ&4孫のグランマ、2005年「第15回きょうの料理大賞」で大賞を受賞。「料理教室&スタジオCreative kitchen」を主宰されています。

テラスカフェ、肉料理とパエリアが得意で、3男1女のママとして食べ盛りを満足させてきた料理は、ボリューミーでつくりやすくおいしいと評判です。

この日放送されたレシピ

この日紹介されたレシピ
「ねぎみそおにぎり」はこちらです↓

【あさイチレシピ】今日は「ねぎみそおにぎり」Makoさんが伝授
2023年1月11日のNHK「あさイチ」今日の”みんなゴハンだよ”の料理は、Makoさんのレシピで旬のねぎで作る「ねぎみそおにぎり」でした。今日の料理の作り方や材料、ポイントについてまとめています。
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日のお料理は、「ねぎ肉巻き 塩味&しょうゆ味」のレシピでした。

ねぎのシャキシャキ感がほどよく残り、お肉を二重に巻いているので、食べごたえのある、ご飯にもお酒にも合う一品です。

しょうゆ味の方は、七味をふりかけても美味しくいただけます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました