あさイチでポークソテーフレッシュ春菊ソースの作り方を紹介!新谷友里江さんのレシピ

春菊 あさイチ

2023年1月17日放送のあさイチで「ポークソテーフレッシュ春菊ソース」の作り方について紹介されました!

教えてくれたのは料理研究家の新谷友里江さんです。

早速、「ポークソテー春菊ソース」の材料や作り方、コツなどの詳しいレシピをまとめてみました。

スポンサーリンク

「ポークソテーフレッシュ春菊ソース」のレシピ(2人分)

春菊のほろ苦い香りとシャキっとした食感をいかし、オリーブオイルとパルメザンチーズでコクを足してつくるソースで豚肉を美味しくいただきます。

ポークソテーフレッシュ春菊ソースの材料

  1. 豚ロース肉(豚カツ用):2枚
  2. 長芋(1.5cm厚さの輪切り):200グラム
  3. 春菊:1/2ワ(75グラム)
  4. 塩:少々
  5. 黒こしょう(粗挽き):少々
  6. にんにく(すりおろす):少々
  7. オリーブ油:大さじ1
  8. パルメザンチーズ:大さじ1と1/2

ポークソテーフレッシュ春菊ソースの作り方

  1. 春菊を2〜3cmの幅で切ります。
    ※茎が太い場合には、茎の固い部分を斜め薄切りにします。
  2. ボウルにオリーブ油・にんにくを先に入れて混ぜ合わせます。
にんにくが溶けにくいので、先に入れて溶かします。
  1. パルメザンチーズ・塩・黒こしょうを加えて、切った春菊を入れてしっかり和え、なじむまで5分おきます。
  • 春菊は、しっかりと洗って、水をきっておきます。
  • 春菊は、しんなりとした方が食べやすいので、なじむまで5分間おきます。
  1. 豚ロース肉の脂と赤身の境目に、2cm間隔で包丁を両面に入れて筋を切ります。
  • 豚ロース肉が焼く時に反らないように、筋切りをします。
  • 筋切りは、包丁を立てるようにして、脂身と赤身の境目に2〜3cm間隔で両面に入れると切れます。
  • 特にお肉が厚い場合は、両面すると筋がよく切れます。
  1. 豚ロース肉の両面に塩・こしょうをし、小麦粉を両面にまぶします。
小麦粉をまぶすことで、うま味が逃げずにカリッと焼けます。
  1. フライパンにオリーブ油を熱して、豚ロース肉と長芋を入れ、強火の中火にして2〜3分間、上下を返して中火で2分間、両面に焼き色が付くまで焼きます。
  • 春菊の和風の風味に山芋のあっさりととした感じがよく合います。
  • 山芋は生でも食べれるので短時間で焼き上げることができます。
  • 山芋の代わりに、じゃがいもやにんじんなどの他の根菜でも美味しくいただけます。
  1. 焼いた豚ロース肉と長芋を盛り付け、和えた春菊を添えれば完成です。

 

この日放送されたレシピ

この日紹介されたレシピ
「春菊とりんごのサラダ」はこちらです↓

あさイチで春菊とりんごのサラダの作り方を紹介!新谷友里江さんのレシピ
2023年1月17日のNHK「あさイチ」今日の”みんなゴハンだよ”の料理は、新谷友里江さんのレシピで「春菊とりんごのサラダ」でした。今日の料理の作り方や材料、ポイントについてまとめています。
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日は「ポークソテーフレッシュ春菊ソース」についてまとめました。

生の春菊で作ったソースと一緒に食べるとサッパリといただける一品です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました