【モモコのオーソレミーヨ】寒ブリの油淋ソースのレシピ 梅本大輔の料理

油淋鶏 オーソレミーヨ

2022年11月12日放送の関テレ「モモコのOH!ソレ!み~よ!」の料理コーナーでは、メゾンチャイナウメモトの梅本大輔さんが「寒ブリの油淋ソース」のレシピを教えてくれました。

今回は、油淋鶏(ユーリンチー)のアレンジ料理「寒ブリの油淋ソース」のレシピをまとめてみました。

「寒ブリの油淋ソース」レシピ (2人分)

「寒ブリの油淋ソース」の材料

《具材》

  1. 寒ブリ:4切れ
  2. 卵:1個
  3. 白ねぎ:50グラム
  4. パプリカ:25グラム
  5. パクチー:5グラム
  6. ピンクグレープフルーツ:25グラム
  7. しょうが:12グラム

《調味料》

  1. しょう油:50cc
  2. 砂糖:大さじ4
  3. 米酢:40cc
  4. ごま油:大さじ1.5
  5. 塩・こしょう・かたくり粉・酒:各適量

「寒ブリの油淋ソース」の作り方

  1. 寒ブリに塩・こしょう・酒で下味をつけます。
  2. 下味を付けた寒ブリをかたくり粉→卵→かたくり粉の順番につけます。
かたくり粉に”2度”つけることで、衣が厚くなり、カリカリに仕上がります。
  1. 寒ブリを180℃に熱した油で1分間ほど揚げます。
寒ブリが少し浮き上がってきて、水分がなくなってきたら、一度油からとりだす。
  1. 油の温度を「180℃→220℃」まで上げ、220℃の油を寒ブリにかけます。
  • 寒ブリを揚げすぎると中がパサパサになるので、高温の油をかけることで中はしっとり外はサクサクに仕上がります。
  • 寒ブリの両面を丁寧にキツネ色になるまで油をかけます。
  • 表面は、お玉で油をかけ、裏面は油につけるとよいです。
  • 寒ブリは柄付きのザルなどを使えば、油をかけやすいです。
  1. 調味料を作ります
    ボールに砂糖・しょう油・米酢・ごま油を加えて、しっかりと混ぜ合わせます。
  2. 混ぜ合わせた調味料の中に
    しょうが・白ねぎ・パプリカ・ピンクグレープフルーツ・パクチーを細かく切ったものを入れます。
  3. お皿にサラダ菜などしいて揚げた寒ブリをのせ、調味料をかければ完成です。

メゾンチャイナウメモトの梅本大輔さん

今回、「寒ブリの油淋ソース」を教えてくれた梅本大輔さんは、大阪市福島にあるメゾンチャイナウメモトのオーナーシェフです。

ミシュランの星付きレストラン出身で味は本格的、バル感覚のカジュアルさで若者にも人気のお店です。

梅本大輔さんのお店「メゾンチャイナウメモト」の公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、メゾンチャイナウメモトの梅本大輔さんが教えてくれた「寒ブリの油淋ソース」、油淋ソースが具だくさんなのでサラダ感覚でも食べれそうです。

今回のレシピのポイントは、寒ブリの揚げ方、一気に高温で揚げずに、1度目は180℃の油でサッと揚げ、2度目は220℃の油をキツネ色になるまでかける。

そうすることで、中がしっとり、外はサクサクに仕上がるそうです。

ぜひ試してみたいと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました