【あさイチレシピ】今日は「れんこんのレンチン梅あえ」今泉久美さん

れんこん あさイチ

2022年11月14日放送のあさイチ「みんなゴハンだよ」のコーナーでは、れんこんを使った「さっぱりレンチン梅あえ」を料理研究家・栄養士の今泉久美さんが教えてくれていましたね。

れんこんの繊維を断ち切るように切り、軽やかな食感を活かし、えのきと一緒にレンチンしただけの簡単レシピ、ご飯にもピッタリ、お酒のアテにも相性抜群の一品です。

早速、レシピをまとめてみました。

「れんこんのさっぱりレンチン梅あえ」のレシピ(2人分)

「れんこんのさっぱりレンチン梅あえ」の材料

《食材》

  1. れんこん(皮をむいたもの):150ぐらむ
  2. えのき:50グラム

《調味料》

  1. 酒:小さじ1
  2. 梅干し(塩分14%):大さじ1/2〜1

「れんこんのさっぱりレンチン梅あえ」の作り方

  1. れんこんを縦半分に切って、繊維を断ち切るように1〜2mm幅の半月形に切ります。
繊維を断ち切るように切ることで、軽やかな食感になります。
  1. えのきを石づきを取って半分に切り、細かくほぐし、耐熱ボールに入れる。
  2. 切ったれんこんを洗わずに、えのきと同じ耐熱ボールに入れます。
れんこんは、ビタミンCと食物繊維、ネバネバ成分を残すために、洗わずに使用します。
  1. えのきのうま味が出るように、酒を入れます。
  2. 耐熱ボールにラップをかけ、電子レンジ(600W)に3分30秒〜4分間加熱します。
加熱後、れんこんは、少し黒っぽく変色しますが、これは抗酸化作用のあるポリフェノールです。
れんこんが少し厚い場合や柔らかく食べたい場合には、4分間加熱すると良い。
  1. 梅干しを種を取って、たたいたものを入れ、全体を和えて完成です。
今回、梅干しは塩分14%のものを使っていますが、減塩の梅干しを使う場合は、量を大さじ1に増やす。
  • 作って冷蔵庫に冷やしても美味しくいただけます。
  • お酒のアテやごはんのおかずにもよく合います。
  • 2〜3日は持ちます。

料理研究家の今泉久美さん

今回「れんこんと豚肉のにんにく炒め」の作り方を教えてくれた、料理研究家・栄養士の今泉久美さんは、女子栄養大学栄養クリニック特別講師もされていて、テレビ、雑誌、料理本、全国各地での料理教室、講演会などで活躍されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日のお料理は、れんこんを使った「さっぱりレンチン梅あえ」でした。

作り方は、れんこんとえのきをレンチンして、梅干しと和えるだけの超簡単レシピでした。

お酒のアテにも、ご飯にもよく合うとのことなので、早速、作ってみたいと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました