【あさイチレシピ】今日は絶品の蒸しなす!吉田勝彦さん伝授

蒸しなす あさイチ

2022年11月22日放送のNHK「あさイチ」今日の”ツイQ楽ワザ”は、家庭で簡単に蒸し料理スペシャル、「絶品の蒸しなす」のレシピを中国料理店「jeeten(ジーテン)」オーナーシェフの吉田勝彦さんが教えてくれていましたね。

今日の料理は、家庭でも簡単に出来る達人イチオシの「蒸しなす」です。

早速、「絶品の蒸しなす」の材料や作り方、コツなどの詳しいレシピをまとめてみました。

「絶品の蒸しなす」のレシピ(2人分)

味が淡白ななすも、皮をむいて蒸すことで味が凝縮され、なす独特のえぐみもなくなり、すごく美味しくなります。

この「蒸しなす」は、冷蔵庫で2〜3日保存可能です。

準備する調理器具

  1. フライパン
  2. 厚手のアルミホイル
  3. 耐熱皿

材料

  1. 長なす:3本
  2. たれ
    酢:大さじ1
    しょうゆ:大さじ1
    ごま油*大さじ1/2
    おろしショウガ:小さじ1

作り方

  1. 耐熱皿に厚手のアルミホイルを敷き(アルミホイルでお皿にフタをする感じ)、アルミホイルに穴を10〜12個、開けます。
  2. なすの皮をむき、火の通りが均一になるように、縦に切り大きさをそろえます。
なすは、皮をむいて蒸します。

  • なすの皮は、蒸すだけでは柔らかくならず、食べたときの食感が良くありません。
  • 皮に含まれる色素が溶け出して、色移りします。
  1. フライパンに、お皿を入れても水に浸からない程度に水を入れ、火をつけます。
  2. なすを、お湯が沸騰したフライパンの中に入れたアルミホイルの上にのせ、フタをして強火で4分半蒸します。
  3. 蒸しあがったなすは、ウチワなどであおぎ、変色を防ぐために急激に冷まし、お皿に盛り付けます。
蒸しあがったなすを、急激に冷ますことで、変色を防ぐことが出来ます。
急激に冷ますことで、2〜3日経っても変色することなく、美しい色が保たれます。
  1. たれの材料(酢・しょうゆ・ごま油・おろしショウガ)を混ぜ合わせ、なすにかければ完成です。

中国料理店「jeeten(ジーテン)」オーナーシェフの吉田勝彦さん

中国料理店「jeeten(ジーテン)」オーナーシェフの吉田勝彦さん、高校卒業後、調理師学校では和食の勉強をされていたそうですが、研修で中国料理の賄を食べて夏バテが治った経験から、薬膳の勉強を始め中国料理の道に入ったそうです。

現在では、ご自身のお店中国料理店「jeeten(ジーテン)」を切り盛りしながら、テレビの料理番組や雑誌で中国料理を指導したり、講習、講演など中国家庭料理の魅力を伝えていらっしゃいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日のお料理は、家庭でも簡単に出来る「絶品の蒸しなす」のレシピでした。

なすを蒸すことで、淡白ななすのうま味が凝縮して美味しくなります。

美味しく作るポイントは、ナスの皮をむいて蒸し、蒸しあがったらウチワで急速に冷やすこと、たれには、なすと相性の良いおろしショウガも入って、おつまみにも最高の一品になりそうですね。

早速、作ってみようと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました