【あさイチレシピ】今日はフライパンで作る8分蒸し料理!近藤幸子さん伝授

フライパンで蒸し料理 あさイチ

2022年11月22日放送のNHK「あさイチ」今日の”ツイQ楽ワザ”は、家庭で簡単に蒸し料理スペシャル、「フライパンで作る8分蒸し料理」のレシピを料理研究家の近藤幸子さんが教えてくれていましたね。

今日の料理は、フライパンだけで、おうちにあるような野菜とちょっとの水でつくる蒸し料理「フライパンで作る8分蒸し料理」です。

とにかく8分で出来るので、忙しいときにはオススメの一品です。

早速、「フライパンで作る8分蒸し料理」の材料や作り方、コツなどの詳しいレシピをまとめてみました。

「フライパンで作る8分蒸し料理」のレシピ(2人分)

この蒸し料理には、難しいコツはありませんが、簡単なルールがあります。

そのルールとは、2人分の材料で、以下の①〜③の食材を組み合わせて、塩と水だけで蒸すということ。

甘み野菜と香り野菜を組み合わせることで、味わいに奥行きが出て、美味しく食べられます。

  1. 肉は200グラム。
    ※鶏手羽元は、骨があるので250グラム。
    鶏もも肉・むね肉・手羽元
    豚バラ肉・豚こま切れ肉・豚ひき肉
    牛肉でもOK(こま切れ肉がおすすめ)
    どのお肉を使っても大丈夫!
    その日冷蔵庫にあるお肉でOKです。
  2. 加熱した時に甘みがでる野菜を100グラム。
    ※火が通りにくい根菜類は7〜8mmの厚さに切る。
    《甘み野菜100グラムの目安》
    かぼちゃ:1/8個
    たまねぎ:1/2個
    にんじん:小1本
    大根:3cm
    なす:小2本
    かぶ(葉つき):1個
    じゃがいも:1個
    さつまいも:1/2本
    キャベツ:1/12個
  3. 香りがでる野菜を100グラム。
    ※葉もの野菜は、長さ5cmほどに切る。
    《香り野菜100グラムの目安》
    にら:1束
    小松菜:1/2束
    長ねぎ:1本
    ごぼう(細め):1本
    ピーマン:3個
    しいたけ:6枚
  4. 塩(小さじ1/2)と水(大さじ4)
基本は、塩小さじ1/2ですが

  • しょうゆ(大さじ1)でしょうゆ風味に
  • みそ(大さじ1)を水(大さじ1)に溶いて、みそ風味に
  • オイスターソース(大さじ2)
  • ナンプラー(小さじ2)
  • 中濃ソース(大さじ2と1/2)

下味の調味料を変えることで、バリエーションが広がります。
いずれも下味は、お肉につけます。

4人分で調理する場合は

  • 食材の量は2倍
  • 水は大さじ6
  • 蒸す時間は10分を目安に

材料

今日、使った食材は

  1. 鶏もも肉:200グラム
  2. かぶ:100グラム
  3. しいたけ:100グラム

作り方

  1. 鶏もも肉を8等分に切り分けます。
鶏もも肉に厚みのある部分には、軽く切り込みを入れておくと、火が通りやすくなります。
  1. 加熱する前のフライパンに、切った鶏もも肉を並べ、塩をふり、肉全体になじませます。
下味は、肉にだけつけます。
肉にしっかり下味をつけることで、全体にメリハリがあって、美味しくなります。
  1. 鶏もも肉に塩を染み込ませている間に野菜を切ります。
  2. かぶは皮をむき、蒸したときに少し食感が残るように8等分に切り、かぶの葉も適当な大きさに切ります。
  3. しいたけは、軸ごと半分に切ります。
  4. 下味をつけた鶏もも肉に野菜を重ねていきます。
肉を下にして、その上に野菜を並べます。
肉は下にして、しっかりと火を通し、野菜は、その蒸気で加熱されるだけなので、食感や野菜のうまみ、甘み、香りが残ります。
  1. 最後に水を加えて、フライパンにフタをして、中火で8分蒸します。
火加減が少し強いとかじゃなければ、焦げ付く心配もないので、このまま放っておいても大丈夫です。
フタをすると油ハネもないので、コンロが汚れません。
  1. 蒸しあがったら、お皿に盛り付けて完成です。

料理研究家の近藤幸子さん

料理研究家で管理栄養士の近藤幸子さん、東京都内で楽しみながら作る料理教室「おいしい週末」を主宰されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日のお料理は、家庭でも簡単に出来る「フライパンで作る8分蒸し料理」のレシピでした。

お肉200グラム、甘み野菜100グラム、香り野菜100グラムに塩(小さじ1/2)と水(大さじ4)という基本ルールさえ守れば、美味しい蒸し料理が、フライパンだけで簡単に作れちゃいます。

甘み野菜、香り野菜の目安も教えていただいたので、いろんなアレンジも楽しめそうですね。

早速、作ってみようと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました