【ポップアップ レシピ】今日は「サクサクジューシー唐揚げ」の作り方!リストランテMIURA

鶏の唐揚げ ポップUP

2022年11月29日放送のフジテレビ「ポップUP」”リストランテMIURA”今日のメニューは「サクサクジューシーから揚げ」でした。

今回は、フランス料理の名店「LA BONNE TABLE」の中村和成シェフが「サクサクジューシー唐揚げ」のレシピを伝授してくれました。

今日の料理は、秘密兵器のビールを使ってサクサク食感の唐揚げに仕上げます。

早速、「サクサクジューシー唐揚げ」の材料や作り方、コツなどの詳しいレシピをまとめてみました。

スポンサーリンク

「サクサクジューシー唐揚げ」のレシピ(2人分)

鶏むね肉は、パサつくイメージがありますが、ちょっとしたコツでパサつきをなくし、やわらかでジューシーな唐揚げになります。

鶏むね肉をパサつかせない3つのポイント!

  1. 鶏むね肉を常温にもどす。
    冷蔵庫から出した肉は冷たいので、そのまま調理すると加熱に時間がかかりパサつく原因になります。
  2. 鶏むね肉を長方形に切る。
    正方形だと中心まで火が入るのに時間がかかるが、長方形に切ることで中心まで火が入りやすくなります。
  3. 揚げた肉を休ませる。
    高温で約2分間揚げ、余熱で火を入れることで、ジューシーな唐揚げになります。

材料

  1. 鶏むね肉:1枚(200〜250グラム)
  2. 薄力粉:大さじ2
  3. 片栗粉:大さじ2
  4. パルミジャーノ:大さじ1
  5. 塩:小さじ1/2
  6. ビール:50cc
  7. スティック野菜(大根・ニンジン・キュウリなど):適量
  8. レモン:適量

【唐揚げのソース】

  1. ケチャップ:大さじ2
  2. マヨネーズ:大さじ1
  3. ペッパーソース:適量

作り方

  1. 鶏むね肉を薄めの長方形に切ります。
    鶏むね肉を横半分に切り、長方形を意識しながら1cmの幅に切ります。
  2. 切った鶏むね肉に塩(適量)をふり、全体になじませ約15分おきます。
  3. 唐揚げの衣をつくります。
    ボールに薄力粉・片栗粉・パルミジャーノを入れ、ビールを加えて、とろっとするまでしっかり混ぜ合わせます。
プロの極意

  • ビールを加えることで、ビールの酵母で肉のうま味がアップします。
  • ビールの炭酸で、肉がやわらかくサクサク食感になります。
  • 煮込み料理に使うことの多いビールですが、揚げ物に使うと肉がやわらかく美味しくなります。
  1. 衣の中に下味をつけた鶏むね肉を入れ衣をまぶし、180〜190℃の油できつね色になるまで、1〜2分揚げます。
鶏むね肉を長方形に切っているので、最短時間で肉に火が入るので、揚げる時間短くてすみます。
  1. 揚げた肉は、油きりバットにあげて少し休ませ、余熱で火を入れます。
高温で短時間(約2分間)揚げて、余熱で火を入れることで、ジューシーでやわらかい唐揚げになります。
  1. 器にスティック野菜とレモンを盛り付け、唐揚げを盛り付けます。
  2. ソース(オーロラソース)をつくります。
    ケチャップとマヨネーズを2:1の割合で混ぜ、ペッパーソースを適量入れます。
ペッパーソースをケチャップとマヨネーズのソースに入れることで、ピリッとアクセントになり、ソースが締まって美味しくなります。
  1. 唐揚げにソースを添えたら完成です。
スポンサーリンク

「LA BONNE TABLE」の中村和成シェフ

今日の先生は、フレンチの名店「LA BONNE TABLE(ラ・ボンヌターブル)」の中村和成シェフでした。

中村和成シェフは、大学を卒業後フランス料理の道に入り、渋谷「シェ松尾」、新江古田「レストラン・ラ・リオン」などで修行を積み、西麻布の「サイタブリア」へ入ります。

同店が「レフェルヴェソンス」としてリニューアルすると、次世代フレンチの旗手として注目を集め、2012年にスーシェフに昇格。

2014年に「LA BONNE TABLE」のオープンとともにシェフに就任、個性的で斬新な料理が注目されています。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日のお料理は、「サクサクジューシー唐揚げ」でした。

鶏むね肉をパサつかせないようにする3つのポイントはすごく参考になりました。

そして、揚げ物にもビールが役に立つことも学びました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました