【平野レミの早わざレシピ】2022秋「ちくわカツ」の作り方

ちくわ 平野レミの早わざレシピ

2022年11月23日放送のNHK「平野レミの早わざレシピ 2022 秋」では、「ちくわカツ」のレシピを教えてくれていました。

今回のレシピは、サッカー日本代表を応援するメニューの「ちくわカツ」、日本とドイツ戦にちなんで、日本のちくわの中にドイツのソーセージを入れて揚げました。

早速、「ちくわカツ」の材料や作り方、コツなどの詳しいレシピをまとめてみました。

「ちくわカツ」のレシピ(5本分)

材料

  1. 焼きちくわ(穴の大きいちくわ):5本
  2. ソーセージ(長いタイプ):5本
  3. 【A】
    小麦粉:大さじ5
    水:大さじ1
    溶き卵:1個分
  4. パン粉(ドライ):適量
  5. 揚げ油:適量
  6. 【つけるソース】
    ウスターソース:適量
    マスタード(黄):適量
    トマトケチャップ:適量
    マヨネーズ:適量
  7. 【つけ合わせ】
    ごはん(焼きのりでボールにする):2合分
    せん切りキャベツ:適量

作り方

  1. 焼きちくわにソーセージを入れます。
  2. 【A】を合わせたバッター液に、焼きちくわをくぐらせパン粉をつけ、パン粉にこんがり色がつくぐらいに油で揚げます。
  3. 今回はサッカーワールドカップにちなんで、キャベツをピッチに、おにぎりをサッカーボールにして、ボールのまわりに揚げたちくわカツを楽しく盛り付けたら完成です。
    お好みのソースにつけていただきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

平野レミさんの料理は、時々脱線もしますが、見ていて楽しい料理ですよね。

今日のお料理は、「ちくわカツ」のレシピでした。

この「ちくわカツ」のおかげで、日本代表はドイツに逆転勝ちしましたね。

ほんとに良かったです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました